スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本株の調整について 

今週はライブドアの問題に端を発して、日本株が大きく調整しましたね。私自身は、先日のコメントに書きました通り、ライブドア関連企業であるダイナシティ株を保有していますが、保有単位も多くないので(紙屑にはならないと思っていますが、最悪そうなっても諦めがつく程度です)放置状態で様子を見てみようと思っています。

それよりも、今回の件で、ライブドアとは無関係の新興市場の株価が予想以上の下げになっていることに驚いています。事件を初めて知ったとき、ライブドア関連企業の連日S安と、ライブドアと同様に急成長しているIT関連銘柄が連想からの大きな下げになることは予想したのですが、東証が全面安となる事態までは予想していませんでした。

今から考えてみると、
・日経平均が1万5千円を超えた辺りから、バブルとは言えないまでも実態を上回るペースで株価が上昇していたこと
・急成長したIT関連銘柄の時価総額が、市場において既にかなり大きな割合を占めるに至っている
という2点が今回の結果になったのかなぁと思っています。

昨年末か、今年の初めに、一旦利益確定を行っていたら。。。という話はあるかもしれませんが、所詮サラリーマン投資家にそんなタイミングはわかりっこないので、様子見状態でおります。ただ、当面の間は、調整が続くだろうなと思っています。

ただ今回の一件で反省すべきは、保有銘柄の下げが市場の平均より大きいことです(特に2日目の下落が大きかったです)。すなわち、私のポートフォリオを見直す必要があるかもしれないということです。私は、「低位・割安株を中心として、一部にIT関連などの成長株も織り交ぜる」ことをイメージしていますが、東2やJQといった新興市場銘柄比率が高くなっています。一度、いろんな角度から、保有銘柄のポートフォリオを確認してみて、自分でリスクが納得できればこのまま継続しますし、不安を感じるようならば修正を行って行きたいと考えています。

今回の1件で、日経平均1万6000円近辺を上値として意識する人も多いでしょうから、一気に急騰ということはないかなぁと思っています。あまりキャッシュポジションは高くないのですが、ポートフォリオ修正の売り・買いも市場の様子をみながら行っていけるタイミングかなぁと思っています。

スポンサーサイト

Comments

オンデマンド書籍

オンデマンド書籍を探すなら http://www.so-blue.com/200162/200453/

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://huckleberryfinn.blog44.fc2.com/tb.php/5-6b0d84ab

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。