スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BRICsバブルを考える(その4:VISTA関連ETF/CEFの値動き) 

 さて、VISTA各国に投資するファンドに加えて、もう少し気になる商品を見ておきたいと思っています。それは、マレーシアETF EWM(iShares MSCI Malaysia Index) と、ロシア・東欧・トルコETF GUR(SPDR S&P Emerging Europe)の2つです。

 マレーシアですが、BRICsでもVISTTAでもないですが、個人的に気になっています。2006年のGDPは5.9%と、ベトナムの8.2%には及ばないものの、インドネシアの5.5%を超えています。日本をはじめとする各国からの投資も増加傾向で、VISTAと遜色ない状況と考えています。そんなマレーシアのETF EWMは、VISTA投資と同等に考えてよいと思っています。

 もう一つは、トルコへの投資として先日、クローズドエンドファンドのTKF(Turkish Investment Fund Inc.)を紹介しましたが、エマージング・ヨーロッパに投資するGURにはトルコが含まれています。また、BRICsの中では過熱感の低いロシアと、東欧諸国への投資が1つのETFでできます。但し、本ETFの半分以上はロシアへの投資になっています。ロシアへの投資ということはすなわち、原油などのエネルギー投資がメインになっています。ので、それなら素直にロシアETFなんかを購入した方がわかりやすいかなぁとは思いますが。。。

 さて、前回にお話したCEFである、IF(Indonesia Fund Inc. )、TKF(Turkish Investment Fund Inc.)、EZA(iShares MSCI South Africa Index)と、今回のEWM(iShares MSCI Malaysia Index)、GUR(SPDR S&P Emerging Europe)の最近の状況についてまとめてみました。尚、参考までにエマージング投資の標準としてVWO(Vanguard Emerging Markets Stock ETF)を、また、バブルの象徴としてFXI(iShares FTSE/Xinhua China 25 Index)も一緒に掲載しています。

Vista値動き


 こうしてみると、インドネシア(IF)もかなり高騰していますね。中国の次に高騰しています。2年間で約2倍(100%UP)しているVWO(緑色)を基準にみると、南アフリカ、マレーシア辺りはまだ上昇余地があるかもしれませんね。GURもロシア投資と考えればまだ上昇余地はあるでしょうか。トルコは意外ですが、この2年はほとんど上昇なく、横ばいですね。但し、トルコはこの期間の前に暴騰を演じて、調整が始まったあたりからの値動きになっています。なにせ、国内の政治が不安定なので、リスクはありますね。

 さぁ、以上からそろそろ結論を出さないといけないのですが、、、。というか無理に結論もいらないかと思ったりもしてきました。これを踏まえて、気まぐれ投資(各銘柄の押し目買い)でもよいかなと。もう少し検討してみるとして、今日はここまで。

スポンサーサイト


Comments

ソファベッド

ソファベッド http://lustre.archiunite.net/

わかめで痩せる

わかめとは、海藻類のひとつでβ-カロチン、カリウム、ヨード食物繊維などの栄養成分を豊富に含んでいます http://varjinflite.consultsmartz.com/

ホビー・スポーツ・美術

ホビー・スポーツ・美術を探すなら http://www.carrot-import.com/200162/101248/

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://huckleberryfinn.blog44.fc2.com/tb.php/40-46b8e4aa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。