スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ETFの乗換え検討2:債券ETF(iShares → Vanguard) 


 前回に引き続き、ETFの乗り換え検討です。

 バンガードの債券ETFが上場されていますが、これって既存のiSharesのETFと完全にぶつかる商品になっていますよね。

 対応関係は以下のようになります。
iShares Lehman Aggregate Fund (AGG) → Vanguard Bond Index Fund (BND)
iShares Lehman 1-3 Year Treasury Bond Fund (SHY) → Vanguard Short Term Bond ETF(BSV)
iShares Lehman 7-10 Year Treasury Bond Fund (IEF) → Vanguard Intermediate Term Bond (BIV)
iShares Lehman 20+ Year Treasury Bond Fund (TLT) → Vanguard Long Term Bond ETF (BLV)

 信託報酬は、iSharesの全ETFが0.15%であるのに対し、バンガードの全ETFが0.11%なので、バンガードの方が少し手数料が安いことになります。しかしながら、確かにAGGとBNDは追従するIndexが全く同じなのですが、その他については少し違います。

 例えば、iSharesのSHYは、Lehman Brothers 1-3 Year Treasury Indexに追従するとなっており、95%以上を米国政府発行の債券に投資するとしています。一方で、バンガードのBSVですが、Lehman Brothers 1+5 Year Government and Credit Indexに追従するとなっており、米国政府発行の債券に加えて、社債や米ドル建ての海外債券(international dollar denominated bonds)も含むとしています。

 同様な差異は、IEFとBIV、TLTとBLVにもあります。では、実際に値動きとしてはかなり差があるのでしょうか。バンガードの債券はまだ上場して間がないことを考慮する必要はありますが、SHYとBSVを比べた場合、下の図のようになりました。当然のことながら相関は高いものの、結構、異なった値動きになっています。

BSV_vs_SHY


 私は、少しTLTを持っているのですが、TLTとBLVを比べると下図のようになりました。BLVは、Lehman Aggregate Bond Indexにシークするとなっているのですが、こちらはかなり一致した値動きになっているようです。

BLV_vs_TLT


 さて、乗り換えですが、確かに信託報酬はバンガードの方が安いのですが、もう少し購入は様子見にしようと考えています。元々、信託報酬の差自体が小さいこともありますが、以下の2点(特に1つめ)が大きな理由です。

(1)出来高に圧倒的な差がある
例えばTLTの場合、100万前後の出来高があるのに対し、BLVの場合は2~3万程度でしょうか。やはりもう少し出来高が出てこないと、バンガードへの乗り換えは考えてしまいますね。
(2)少しプレミアムがついているETFもある
私が購入しようかと考えているBLVの場合、若干ですがNAVに対して0.3%前後のプレミアムがついています。元々、僅かな信託報酬の差を考慮して乗り換えるわけですから、少しのプレミアムも気になっています。

 上場したてのETFですから、のんびりと様子見で良いかと思っています。

スポンサーサイト


Comments

ステートストリート

先日、ステートストリートも債券ETFを上場しましたね。
http://www.ssgafunds.com/about_asg/pop_press/pres/statestreetlaunchesfixedincomeetfs20070529/page.html
米国は選択肢が多くてうらやましい限りです。
早く日本でも取扱が始まるといいのですが。

米国債と社債の違いは長期では大きいです。金利低下時に社債だと期限前償還
リスクがあります。借り換えするわけ
ですね。しないと、株主から告訴される
可能性まであります。

加えて、金利低下時は不景気の時でも
あります。債券の格付けが下がり、さ
らに債券価格が下がる可能性もあります。

いずれも、米国債にはないリスクです。
そのリスクを取るだけのリスクプレミアムがあるかと言えば、はなはだ疑問です。短期中期債ならその問題は少ない
です。

リンク先の
Taxable Long-Term Bond
のyieldの差と、各種年、設定来リターンがバランスしていないとろこがポイントです。
  • [2007/06/04 01:05]
  • URL |
  • 名無しさん@お金いっぱい
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

通りすがりさん、
あまり多くなると悩むばかりという気もしますが(笑)、これだけ低コストなETFが多数あるのはうれしい限りですね。State Streetの方は本当にホカホカ状態なので出来高もほとんどありませんが、個人的にはTLOに興味があります。

名無しさん@お金いっぱいさん、
情報どうもありがとうございます。リンク先のバンガードのHP見ました。確かに長期債で運用する場合、リターンの差もほとんどなく(場合によっては上回る)米国債がよいかなぁと考えています。
そういう意味では、上のState Street TLOはやっぱり気になりますね。

ソフトウェア

ソフトウェアを探すなら http://www.tsunamiya.com/100026/100103/

口腔外科でダイエットを考える

一般歯科で扱う虫歯や歯槽膿漏以外の口腔(口のなか)の病気を専門として診る診療科 http://uwasa.crosstudio.net/

30代,40代の転職・起業

起業とは、新しい事業を始めることをいう http://angel.rcrane4law.com/

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://huckleberryfinn.blog44.fc2.com/tb.php/23-f56735dd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。