スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンガードのETF(等)を購入 

ドルコスト的にETFを購入しようと目論んでいましたが、円安基調の中で購入しそびれていました。が、2月も購入しなかったら、ドルコスト的にもならないので、2/27,28の2日間で購入しました。(すこし円高にもなりましたし。)

為替レートは\116.08/$ (@2/27 \300のIB Commission含)でした。
購入したのは、以下のETFです。(手数料込み)
・Vanguard Emerging Markets VIPERs(VWO) $66.59
・Vanguard Total Stock Market VIPERs(VTI) $128.08
・Vanguard Mid-Caps VIPERs(VO) $67.79
・iShares FTSE/Xinhua China 25 Index Fund(FXI) $73.82

今後分散投資する上で、あんまりきっちりドルコストも難しいですし、今回購入しなかったREIT(VQN)や、ヨーロッパ株式、債権などのバランスも検討しないといけません。この辺り、かなりラフに運用を行おうかと思っています。
・月に一定額、日本株式以外に投資し、分散投資を進める
・VTI/VWOは原則定額購入、それ以外の(上記一定額内の)余剰資金は、
 欧州 or REIT or 債権 or Emerging(iShares国別等)に投資
・ドル転や上記投資は各月のどこかで実施する
・ETF購入では購入単位があるので厳密なドルコストができないが、
 価格や前月までの購入実績を勘案して柔軟に調整する
というくらいのルールにしようと思っています。

また、日本株式に集中しているポートフォリオを早く修正したい思いはあるのですが、一気に変換するとタイミング的なリスクがあるため、毎月投資できる程度の額に、変換分を+αで若干加算する程度で進めたいと思っています。

結局、購入タイミングは、為替が大きく影響するので、円高なタイミングを見つけて、、、ということになります。さて、3月は最も為替の動きが大きい月だそうです。さらに、先日発表の1月分CPI(市場予想を上回る0.5%増)を受けて、3/8,9に金融政策決定会合がある模様で、量的緩和解除に向かえば、かなり円高側にふれるかもしれません。
とりあえず、ひとつの投資タイミングとして注目しております。

スポンサーサイト

Comments

Interactive Brokersについて

初めまして。mataneと申します。
いや凄いですね。こういう方法があるとは考えていませんでした。ところで、申し訳ございませんが、
Interactive Brokersについて教えてください。
国内銀行から円送金(国内送金扱い?)できると知り、出来れば私も同証券に口座を開設して、VanguardのETF等を毎月少しずつ購入していこうと考えておりますが、実際の使い勝手は如何でしょうか?
お手数をお掛けして申し訳ございませんが、ご教示頂けると助かります。

mataneさん、はじめまして。

基本的には国内の証券会社と同じなんですが、英語がさほど得意でない私は、少し戸惑いましたね。口座開設においても、内容を理解して入力するだけなんですが、英語に変わるだけで意外と時間がかかったりしてしまいました。加えて、W8BENという米国の課税を非課税とする申告書など、慣れない手続きもあるのですが、これはWEBに参考情報がいろいろありますので、問題ないと思います。

さて、ツールなんですが、WEB TraderというWEBベースのものと、TWSというJavaアプリがあります。国内の証券会社とほとんど同じで、ウォッチリスト(銘柄登録)に登録しておいて、購入時は成り行き/指値、価格、数量を登録して送信するだけなので、最初は戸惑いますが、慣れればさほど使いにくくはありません。

あと、ご参考までに注意点ですが、
・手数料が$10/月に満たないと、手数料と$10の差額を
 commissionとしてとられます(最低でも$10/月かかります)
 → 送金手数料が実質なし、と、$10/月のどちらが
   利用形態上で安くなるかの選択です。
・為替手数料は$25000以下の場合は、$2.5固定ですが、
 数万円をドル転すると結構な為替手数料に相当します。
・mergineを使用すると入力ミスで自動的にmergine(証拠金取引)になる
 (と思う)ので、注文時は注意が必要です。
という辺りでしょうか。

以上、ご参考まで。

ありがとうございます。

huckleberryさん、どうもありがとうございます。
確かに手数料ことは気になりますが、普通に投資信託を購入しても1~3%ほどの手数料を徴収され、インデックス型の投資信託といえども信託報酬が高いことを考え合わせると口座開設しても長期的視点に立つと十分に採算が取れるかもしれませんね。但し、積立と違い知らないうちに引き落とされて投資されているということはないですけど、少なくとも語学の勉強?にはなりそうな気がします。
真剣に検討してみます。
今後ともよろしくお願い致します。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ソフトウェア

ソフトウェアを探すなら http://www.mnpainctr.com/100026/100103/

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://huckleberryfinn.blog44.fc2.com/tb.php/10-56e9a650

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。