スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クレジットカードを整理(ライフカードと楽天カード) 

 最近はセコイ内容ばかりですみません。ふとしたきっかけで、クレジットカードを見直そうと考えました。今までクレジットカードのポイントって、消費税よりもはるかに少なく、ゴミみたいなものだと思っていました。実際、私が使用しているのは標準的なJCBやVISAのカードで、0.5%程度の還元率です。実はもっと還元率の良いカードってあるのかなぁと思ってネットを調べてみると、、、
 
 あるんですねぇ、ポイント還元率に関して調査されているサイトが大量にあることが発覚、特に航空会社(ANAとかJALとか)の、いわゆる「マイラー」が多いみたいです。そういえば、私の会社の同僚にもいます、陸マイラーが。ただ、ネットにあるほどは調査や努力をしているふうではありませんが。。。
 
 まぁ、いろんなサイトに、ほんとにいろんな情報があって参考になるのですが、私としてはとりあえず、ライフカードと楽天カードを作成することにしました。私がこれらのカードを選んだ理由を少し書きます。

続きを読む

スポンサーサイト

定期預金キャンペーン(シティバンク) 

 以前に、セコイ話で中央三井信託銀行の定期預金キャンペーンのことを書きました。あれからまだ3ヶ月は経っていないのですが、次なるキャンペーンを探していました。というのも、こういったキャンペーンはボーナスシーズンに多くあるためです。

 また、3ヶ月の短期間のキャンペーン渡り鳥にとって、あるキャンペーンに預けたら次のキャンペーンを探さないと、すぐに満期になってお金の行き場がなくなるのです。1%未満の微妙な金利差で、ずいぶんヒマ人だと思われる方も多いとは思うのですが、ある種の趣味みたいなもので。。。

ので、ここから先はご興味のある方のみご覧下さい。

続きを読む

State StreetのBRICs ETFが新規発売へ 

 State Streetから新たなETFがでました。新規ETF SPDR S&P BRIC 40 ETF (BIK)は、BRICsに投資するもので、S&P BRIC 40 indexに追従するものです。以前にVanguard Emergin Viper (VWO)では少し広すぎるのでBRICsに投資したいと書いていましたが(「BRICs」が「BRIICS」になるそうで。。。 )、同様な思いをお持ちの方には、それなりに使えるETFになるかもしれません。
 つまり、VWOでは韓国などの既に先進国ともいえる国がかなりの割合で含まれていたりします。(但し、2006/5/31 20.7%だった韓国への投資比率は2007/5/31では16.0%に低下しています。詳細はVanguardのVWOの説明を参照ください。)そこで私は、中国やブラジル、インドといった国々に対して個別ETF購入を行っていますが、面倒ですし、若干とはいうものの複数銘柄購入することによって手数料が増えてしまいます。
 
 そんな人に、BRICの4国に集中投資してくれるETFとして注目なのがBIKです。では、BIKの各国毎の比率はどうなっているかと言えば、、、

  中国: 36.8%
  インド: 7.1%
  ブラジル: 24.4%
  ロシア: 31.7%
  
 となっています。

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。