スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウィルス対策ソフトを更新しました 

 ちょっと投資ネタから外れるんですが、ウィルス対策ソフトを更新(新規に購入なんですが)しました。現在、トレンドマイクロのウィルスバスターを使用しているのですが、常駐プログラムのアイコンからポップアップが出て、2007年6月に契約が切れるので更新しろと何度か警告されました。

 ネット証券や銀行との取引を行うに辺り、ちょっと残しておきたい情報とかはPDFに落としてファイルで格納していたりするので、使用しているPCのウィルス対策は重要だと思っています。(適当にバックアップもとってますが、数ヶ月に1回がいいとこで、半年くらい間隔があいたりしています。)

続きを読む

スポンサーサイト

Babylonという辞書ソフト 

米国証券に口座開設してから、英語のサイトを読む機会が増えました。為替や米国株市場、米国経済ニュースを読んだりするためです。もちろん、英語の勉強もかねて、意図的にやっている面もあります。興味のある記事だったら、頑張って終わりまで読もうとしますので。
が、やはりわからない単語が出てきます。ちょっとした単語なら、IEの右クリックから翻訳できるものもあるのですが、マイナーな(?)単語になると表示されないことも多いです。なんか便利なソフトはないかなぁ、、、と探していたところ、Babylonというソフトを見つけました。

機能としては、Web上の単語上にマウスを置いて、指定したキー(or マウス操作)をすると、単語の意味を表示してくれるというものです。Ver.2.2まではフリーソフトだったようですが、現在はVer.5.0で製品版になっています。私は体験版をインストールしてみましたが、非常に使いやすく便利に感じています。辞書は、Babylon本体と共にBabylon辞書が付いていて、29万語以上が登録されているようです。ただ、1単語につき表示される日本語意味が数個の単語が多く、ジーニアス辞書付属版(こちらは簡単な用例なども掲載されています)の方が良いかなぁ、、、という感じです。

ただし、本ソフトでは、どのような単語を検索したかといった情報がBabylon側に送信され、それが広告配信等に利用されることがあり、それを嫌う(どのような個人情報をどのように利用されているかよくわからない)人もいるようです。

このソフト、ソフト本体(+標準辞書)が6900円、ジーニアスの英和・和英辞書付きで9800円です。辞書付きということを考慮すればそれくらいはするか、、、と思わなくもないのですが、やはり少し高いなぁという感じもします。

もう少し安くて便利なソフトってないかなぁ。。。

(別に宣伝でも、アフィリエイトでもないですがご参考まで)
http://www.babylon.com/jpn/index.php

Blogに挑戦してみる 

2006年01月10日

 子供の頃から、日記は三日坊主で長続きしたためしがありません。それ故か、日本語を書くことはあまり得意ではありません。いや、はっきり言って苦手です。それなのに、Blogに挑戦してみようと思ったのは、昨年から始めた投資です。いくらかの日本株を購入し、この相場なので、それなりの利益も出ています。しかしながら、より確実に中長期的投資を考えた場合に、海外株式や債券、ポートフォリオ等の知識を拡充せねばと、いろんな方のブログを参考にさせていただきました。それを元に、本を読んだり、自分なりに調べたりした結果、米国証券会社に口座開設を行い、本格的な分散投資を本年は行っていこうと思っています。

自分自身の考えを整理したりするためのメモであっても、私と同じようなことを検討されている方に少しでも参考になるようなことがあれば。。。と思ったりしました。

今後、まずは、Firstrade、Interactive Brokers、UBOCの口座開設に関することや、米国のETFやMutual Fundに関する整理を行っていこうかと考えています。

とりあえず、今日のところは、投稿のテストということで。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。